働き方改革の進行がホワイトカラーのコミュニケーションに与える影響

  • 本文プリント
  • 全体プリント

表紙

目次
  • 第1章 本調査研究の目的と基本構想
1-1
1-2
1-3
1-4
  • 第2章 調査概要
2-1
2-2
  2-2-1 所属企業
  2-2-2 年齢層及び性別
  2-2-3 上司・部下別回答数と役職内訳
  2-2-4 勤続年数
  2-2-5 職場の人数
  2-2-6 部下の人数
  2-2-7 家族の状況
  • 第3章 コミュニケーションの現状と働き方改革
3-1
3-2
  3-2-1 上司とのコミュニケーションの良好さの現状
  3-2-2 部下とのコミュニケーションの良好さの現状
  3-2-3 同僚とのコミュニケーションの良好さの現状
  3-2-4 上司層と部下層の認識ギャップ
  3-2-5 まとめ
3-3
  3-3-1 ワーク・エンゲージメント
  3-3-2 仕事の自分事化
  3-3-3 「知識所在の共有」
  3-3-4 まとめ
3-4
  3-4-1 コミュニケーション方法の意識についての回答分布
  3-4-2 上司―部下間の意識ギャップ
  3-4-3 世代による意識ギャップ
  3-4-4 まとめ
3-5
  3-5-1 オンライン・コミュニケーション
  3-5-2 対面・非公式コミュニケーション
  3-5-3 仕事以外での対面的接点
  3-5-4 まとめ
3-6
  3-6-1 働き方改革への評価
  3-6-2 働き方改革の評価とコミュニケーションの関係
3-7
  • 第4章 働き方改革による影響
4-1
4-2
  4-2-1 デモグラフィック要因の影響
  4-2-2 働き手本人による日頃の心持ち(意識)・行動の影響
  4-2-3 ①職場環境の変化の影響
②タスク環境の影響
  4-2-4 上司・部下・同僚など職場のコミュニケーション状態の影響
4-3
  4-3-1 働き方改革が職場にもたらした変化
  4-3-2 これらの変化と働き方改革の評価との関係
4-4
  4-4-1 働き方の柔軟度と心身の負担感の関係
  4-4-2 仕事量の増加と個人・組織の好条件との関係
4-5
  • 第5章 自由記述の分析と、全体のまとめとしての提言
5-1
  5-1-1 自由記述回答者の内訳
  5-1-2 テキストマイニングを用いた分析
  5-1-3 評価得点ごとの自由回答記述例
5-2
  5-2-1 組織メンバー(部下)への提言
  5-2-2 管理者(上司)への提言
  5-2-3 組織(会社)への提言
  • 付属資料
資料1
資料2
資料3
文字サイズ:
  • 小
  • 中
  • 大
  • 産政研フォーラム、調査研究報告書 オーダーフォーム