長期雇用の変質と人事・労務政策のゆくえ

  • 本文プリント
  • 全体プリント

表紙

目次
第I部 調査結果の報告
第1章
第2章 報告要旨
2-1
2-2
2-3
2-4
第3章 この章の目的
3-1 自動車産業の分業構造とカーメーカーの対応一
3-2 産業分業構造の再編と雇用問題
3-3 従業員意識の動向と雇用制度慣行のゆくえ(要旨)
3-4 分業構造の再編と長期雇用の将来
第4章 経営環境の変化と雇用管理制度の「転換」
4-1 終身雇用制度の定義と成立条件
4-2 経営環境の変化
4-3 対照的な評価
4-4 雇用の多様化流動化
4-5 「能力主義」と生活ミニマム
4-6 「能力主義」とキャリア形成
4-7 組織改革と「職際型キャリア」
4-8 人事管理方式の改革
4-9 むすび
第5章 従業員意識の動向と雇用制度慣行のゆくえ
5-1 従業員意識の動向と雇用制度慣行
5-2 雇用にたいする見方
5-3 職業生涯
5-4 望ましい処遇の原則
5-5 制度の運川の基準
5-6 新しい制度
5-7 まとめ
第6章 長期雇用と労働意欲一鉄鋼業にみる長期雇用の重要性
6-1 問題の所在
6-2 長期雇用と労働意欲の関係
6-3 鉄鋼労連意識調査に見る雇用削減と労働意欲
6-4 雇用の安定性と労働意欲
第II部 資料編
1 研究体制
2 活動日程・内容
3 企業アンケート単純集計結果
4 従業員アンケート単純集計結果
文字サイズ:
  • 小
  • 中
  • 大
  • 産政研フォーラム、調査研究報告書 オーダーフォーム